桂沢浄水場は、昭和33年(1958年)に供用開始し、以来、市民の皆さまに水道用水を供給してきました。
しかし、浄水場の老朽化が進み、耐震性も不足していたことから、病原生物の除去、大雨、大雪、土砂災害などの自然災害、雪解け時期の原水の濁りなどにも対応するため、平成28年(2016年)より全面的な更新に着手しました。
 この浄水場は、旧浄水場の水道用水の供給を止めることなく建設しなければならず、施設の設計にあたっては、限られた敷地を有効活用できる階層式を採用し、工事を進めました。
 そして、令和3年(2021年)3月に施設の維持管理が容易なセラミック膜ろ過方式を導入した北海道内で最大級の膜ろ過浄水場となる桂沢浄水場が完成しました。
 桂沢ダムの原水は、桂沢浄水場で磨かれ、より安全でおいしい水となり、岩見沢市、美唄市の一部、三笠市に供給されています。



施設名称 概要
取水設備 桂沢ダム共同取水塔
水道専用取水塔
導水管 1号管及び2号管 ダクタイル鋳鉄管及び鋼管 径700mm 7,556m
浄水場 一日最大給水量
処理方式
膜種/本数
薬品注入設備


35,356m3
膜ろ過方式
セラミック膜/1,200本
粉末活性炭注入設備 一式
ポリ塩化アルミニウム注入設備 一式
次亜塩素酸ナトリウム注入設備 一式
消石灰注入設備 一式
硫酸注入設備 一式
浄水池 容量 2,000m3
排水処理施設 排水池
天日乾燥床
送水管 1号管及び2号管

    唐松連絡管
    大里連絡管
ダクタイル鋳鉄管及び鋼管
鋼管
鋼管
ダクタイル鋳鉄管
径700mm  17,369m
径600mm  4,707m
径500mm   204m
径500mm  1,467m