1.組織
2.あゆみ
昭和25年
3月
幾春別川・芦別川総合開発計画が決定
昭和26年
4月
幾春別川総合開発事業着工
昭和30年
12月
桂沢上水道組合設立認可
《 事業計画概要 》
1.計画給水人口
岩見沢市42,700人、美唄市37,400人、
三笠町 65,500人、計145,600人
2.配分水量
岩見沢市14,200m3、美唄市10,800m3
三笠町 15,000m3、計40,000m3
昭和31年
10月
上水道布設認可(厚生大臣、建設大臣)
昭和32年
3月
5月
桂沢ダム湛水開始
桂沢上水道新設工事起工式
昭和33年
9月
桂沢浄水場通水開始
昭和38年
2月
上水道事業の水利並びに負担の変更に関する協定
《 日最大持分水量の変更 》
岩見沢市22,000m3、美唄市8,000m3
三笠市 20,000m3、計50,000m3
昭和40年
4月

12月
桂沢上水道取水増量に関し、電源開発株式会社と日最大毎秒1.5m3(年平均毎秒1m3を超えない)で協定
桂沢上水道組合水道用水供給事業の変更認可(厚生大臣)
<変更内容> 給水量を1日最大48,640m3に増加
昭和42年
4月
地方公営企業法の改正により「桂沢水道企業団」に名称変更
昭和43年
1月

11月

桂沢水道企業団水道事業の変更認可(厚生大臣)
<変更内容> 給水量を1日最大50,000m3に増加
上水道事業の拡張及び栗沢町、北村の加入による基本協定の締結
<協定内容> 持分水量の変更
岩見沢市45,000m3、美唄市8,000m3
三笠市 25,000m3、栗沢町3,000m3
北 村 1,500m3、 計82,500m3

昭和44年
2月
桂沢水道企業団水道用水供給事業の変更認可(厚生大臣)
<変更内容>
1.給水対象を栗沢町及び北村に拡張
2.給水量を1日最大給水量82,500m3に増加
昭和50年
4月


11月
昭和46年に新たに「水質汚濁防止法」が施行されたことにより浄水場排水処理施設整備事業を施工し、52年3月竣工
<事業内容> 天日乾燥方式
20周年式典を挙行
昭和60年
10月
30周年式典を挙行
平成7年
4月

11月
北海道知事が定めた水道水質管理計画に基づき、新水道水質基準の施行に伴う水質検査機器整備事業
40周年式典を挙行
平成13年
8月
上水道事業の水量の変更に関する協定
栗沢町及び北村から水量増量の要望があり持分日最大水量を変更
岩見沢市44,490m3、美唄市7,500m3
三笠市 24,500m3、栗沢町3,870m3
北 村 2,140m3、 計82,500m3
平成18年
2月
3月
50周年式典を挙行
岩見沢市・栗沢町・北村が合併し岩見沢市となる

上水道事業の水量の変更に関する協定
市町村合併に伴い日最大持分水量の変更
岩見沢市50,500m3、美唄市7,500m3
三笠市 24,500m3、計82,500m3
平成27年
12月
建設負担金見直し
<変更内容>
浄水場更新事業に係る建設事業費用の構成市負担割合
平成28年
3月






5月
桂沢水道企業団水道用水供給事業の変更認可(厚生大臣)
<変更内容>
一日最大給水量を39,346m3に変更
桂沢浄水場更新事業の出資に関する協定の締結
<協定内容>
桂沢浄水場更新事業に対する構成市出資割合

桂沢浄水場更新事業着工
DB(設計・施工一括発注)方式
3.区域内の計画状況
計画一日最大給水量
39,346m3
4.企業団区域内給水状況
《平成29年3月31日現在》
給水戸数
51,323戸
行政区域内人口
114,803人
給水人口
98,122人
《平成28年度実績》
年間総送水量
11,742,035m3
一日平均送水量
32,170m3
一日最大送水量
34,935m3